DSG

調教師ダービースタリオンGOLD攻略

牧場専任の調教師について

所有馬を自分で調教したい場合、牧場専任の東野(関東)厩舎、西川(関西)厩舎のどちらかに入厩させる必要があります。 どちらも能力に差はありません。

基本的に全て自分で調教した方が、早い段階で馬の能力を限界まで上げることができます。 なので、できるだけ、牧場専任の厩舎に所有馬を預けた方が効果的です。

ですが、頭数が多くなると調教が面倒になるので、能力の低い馬は2~3ヶ月自分で調教したら、以下の「おまかせ調教師」の厩舎に転厩させた方が効率的です。

おまかせ調教師について

おまかせ調教師は、調教の指示が一切できません。 どのレースに出走するかも調子次第です。 なので、能力の高い馬は牧場専任で自ら調教を行い、能力の低い馬をおまかせ調教師に預けると効果的です。 また、各おまかせ調教師には、それぞれ特徴があります。

一柳厩舎

おまかせ調教師の中で、最もおすすめな調教師です。 調子の悪い馬を一時的に転厩させると、1~2週で調子を上向きにしてくれます。 おまかせの場合は、レースの出走回数が少なめですが、調子の良い状態で出走させてくれるので、成績が比較的安定します。

樫山厩舎

ハードに調教をしてくれるので、馬の能力を上げることに関しては優秀だと思います。 ですが、調子がかなり良い状態でないと、出走させてくれません。 なので、調子が80%くらいの状態で出走させたい場合は、当週に自分でレースを選ぶ必要があります。

© 2021 SLG