DSG

ダンスインザダークのオススメ配合ダービースタリオンGOLD攻略

ダンスインザダークのオススメ配合

1996年に菊花賞を制した「ダンスインザダーク」を使った、ダービースタリオンGOLD(ダビスタゴールド)のオススメ配合です。(全4段階) 「自家製種牡馬×自家製繁殖牝馬」の配合例です。

目次

  1. ダンスインザダークについて
  2. 配合例

ダンスインザダークについて

種付け料 距離適性 成長型 ダート 底力 安定 気性 体質 実績
250 1800~3000 普通 C B B B A
ダンスインザダーク

ダンスインザダークを使うので、長距離G1でも活躍できる馬が誕生する可能性のある配合例です。 ただし、最後にHalo(短距離・底力)のクロスを発生させてしまうので、確率はあまり高くありません。

第1段階で誕生するダンスインザダークの後継種牡馬が、中距離以下の距離適性だと、その可能性は殆どなくなります。 なので、長距離向きの大物を生産したい場合は、第1段階で距離適性が長めの種牡馬が完成するまで、何度も同じ配合を繰り返す必要があります。

また、ダンスインザダークの欠点である勝負根性(底力)は、最終的に底力のクロスが3本発生するので改善できると思います。

配合例

必要な種牡馬・繁殖牝馬

キャプテンスティーヴ
テルミン
ゴルディロックス

ゴルディロックス、テルミンは「なかなかの馬」となります。

Cで成立する配合理論

見事な配合+インブリード(発生するクロスは下表)

Key to the Mint Halo Northern Dancer
速力/底力 短距離/底力 底力

配合の手順

  1. A「ダンスインザダーク」×「ゴルディロックス」で牡馬を生産。
  2. B「キャプテンスティーヴ」×「テルミン」で牝馬を生産。
  3. CAで生産した牡馬」×「Bで生産した牝馬」で完成。

種牡馬は15年で引退なので、ABは同時進行で進めて下さい。 ゴルディロックスはスピードのある繁殖牝馬ですが、AでG1クラスが誕生する確率は高くありません。 なので、牡馬の産み分けをして、その確率を上げる必要があります。 Bは「面白い配合」が成立するG1クラスも狙える配合なので、最低でもスピードコメントが確認できる馬を生産して下さい。

Cの馬と「面白い配合」が成立する種牡馬

底力+安定 種牡馬名 底力+安定 種牡馬名
B+B コマンズ B+A シンボリクリスエス
B+A ヘニーヒューズ A+B マヤノトップガン
C+A トワイニング B+B ティンバーカントリー
© 2021 SLG